Login
Search

Product use and care of Japanese chef knives

Proper Use

The blade on your knife has been sharpened to be extremely thin in order to produce a sharp knife. Do not apply force to the side of the blade, such as by smashing garlic or other items.
Do not touch the sharp edge of the blade. It is not necessary to apply much pressure to cut with this knife. Instead, use a back-and-forth gliding motion to slice. This knife is not ideal for chopping hard, as this could chip the blade.
Please do not use this knife to cut anything other than food items. Always use this knife with a cutting board. Wood cutting boards are the gentlest surfaces.
If you ever see any small cracks on the blade, it is best to discontinue use as small cracks can grow and eventually chip the blade.
Forcing the tip of the blade into something, or twisting the blade upwards mid-cut, can cause the blade to bend or crack. Dropping the knife can cause trauma to the blade as well.
Please keep out of reach of young children and pets.

Avoid Cutting Hard Foods

Please do not use this knife to cut hard foods (such as bones of fish, chicken, beef, etc.) or frozen foods.

Avoid Cutting Frozen Foods

This is for the same reason as above, but please take particular caution against frozen foods. The cold temperature of the hard frozen food will make the blade more susceptible to chipping.

Do not Heat the Knife

Some people heat treat blades as a way to sharpen them. Please avoid heating this knife, as you could potentially disturb the balance of the alloy composition and turn this steel--specifically made for knives--into iron. Please also avoid putting it in the dishwasher or dish dryer.

Proper Care

Hand wash, rinse, and wipe with a soft cloth after use.
Applying a little cooking oil to the surface of the blade can help prevent rusting. Even though a stainless steel knife, it can still rust if proper care is not taken. Cleaning the knife immediately after use will go a long way to prevent rusting.

Sharpening

All knives will lose their sharpness over time, so we recommend sharpening the knife periodically. We recommend using a Japanese water stone.
 

使用とメンテナンス

日本の包丁は一般的に刃が薄く、鋭い反面、使い方を間違えると、その性能が十分に発揮できません。
お届けした包丁は丁寧に使い、メンテナンスすれば、長い期間ご使用いただけます。以下のとおり取り扱い注意をよく読んで、末長くご使用いただければ幸いです。
取り扱い注意
お届けした刃物は、刃を鋭く砥いでおります。刃先は非常に薄く、よく切れるように砥いでありますので、刃に横から力がかかるような使い方をしないでください。
直接刃には触らないでください。
食材を切る時は、力を入れずに前後に滑らすように(スライスするように)食材を切るようにしてください。たたき切るような使い方には、向いていません。料理以外には使用しないでください。
まな板を必ず使用してください。ただし、まな板をたたくような使用は刃こぼれの原因になりますのでご注意ください。木製のまな板のご使用をお勧めします。
刃にひびが発生していないか、日頃から注意ください。ヒビが発生していますと、使用期間に関係なく、こぼれ・折れの原因となりますので使用を中止してください。
また食材に刃先をこじ入れる、切断中に包丁を左右に動す行為を行うと刃が欠ける恐れがございます。包丁の落下等も刃が欠ける恐れがございます。
幼児、子供やペットの近くにはおかないでください。

硬い食材を切らないでください

硬い食材(魚の骨・鳥の骨・牛の骨・豚の骨)や冷凍食材・冷凍肉の切断には使わないでください。その際には必ず専門の包丁をご使用下さい。
 

冷凍食材を切らないでください

冷凍食材等を切断する際には包丁の刃が急冷するため、食材に刃をこじ入れる等の行為は普段より大きく欠ける原因となりますので、くれぐれも冷凍食材には使用しないでください。
 

加熱しないでください

切れ味を上げる等の行為として、包丁を火で炙る・高温に晒す等を行うと包丁の材質である鋼(ハガネ)が通常の鉄に変化する恐れがございますのでおやめ下さい。
また、食洗機、乾燥機も使用しないでください。
 

メンテナンス

ご使用後は必ずすぐに水洗いをし、余分な水分を柔らかい乾いた布で拭き取るようにしてください。クッキングオイルを適量表面にぬるとサビを防ぐことができます。ステンレス包丁であっても、メンテナンスが悪いとサビることがありますので、使用後はすぐに丁寧に洗い、水分を拭き取るようにしてください。
 

砥ぎ

包丁は、使うにつれて、徐々に切れ味が鈍くなってきますが、定期的に砥ぐことにより、切れ味を蘇らせることができます。日本式の水砥石での砥ぎをおすすめします。
Scroll to top